バナー

Googleマップをアプリで利用する方法

Googleマップは3つの方法で自身のアプリに取り込むことができます。

1つはAPI、2つ目はデータとして、3つ目は貼付けです。

エキサイトニュースの情報について、かしこい情報の見分け方や利用方法を解説します。

Googleマップをアプリから利用する方法でもっとも多いのがAPIを利用した方法です。Javascriptを中心にさまざまな言語で利用されており、アプリに取り込みやすい方法となっています。
APIでのGoogleマップの利用は開発者登録をして利用することになります。

開発者登録は無料で行うことができ、メールアドレスがあれば誰でも取得可能です。

様々な分野のGoogle Maps API for Workに有効な知識の紹介です。

登録するとAPIを利用するためのシリアルキーが取得でき、ほぼすべてのAPIにアクセスできます。

APIが利用できるとGoogleマップの持つ機能がすべて使えますが、他の地図サービスに比べてコストがとても安く、ほとんどの場合無料で利用出来るケースが多いようです。

APIの利用は公開するアプリが前提ですが、有料プランを利用すれば非公開のアプリでも利用することができるようになっています。


データとして利用する方法もあります。

この場合、Webや専用アプリで地図を表示して共有を選べば各種Webサービス都の連携が可能です。
Twitter、FacebookなどSNSでの利用がとても多く、現在位置を表示させたり、ゲームなどで利用するアプリも登場しています。3つ目はおそらくGoogleマップの利用でもっとも多い方法であり、地図をWebやブログに貼り付ける方法であり、とても簡単に貼り付けられるので利用者が多くいます。